懇親会のビールの本数の決め方の目安

企業様・団体様が開催される懇親会の飲み物の本数どのように決めていますか?

責任者から予算だけを伝えられどの商品を何本用意すればよいかわからずお困りではないですか?

そのような注文の担当者の方に各飲み物の本数の決め方をご案内いたします。

懇親会の飲み物の本数の決め方はまずビールの数は決めます

懇親会でまず最初に行うことはビールでの乾杯です。

ビールの本数、どのように決めるかは「瓶ビール」「缶ビール」で異なります。

 

 

「瓶ビール」の場合は大瓶・中瓶に限らず、参加人数分を用意すると適量となります。瓶ビール、まずテーブルに並べますのである程度の量を用意しておかないと見た目にもボリューム感がないので「ビールが沢山ある」という事をイメージしてもらう為にも参加人数分の本数は用意する事をおすすめします。

 

 

瓶ビール、コップに注いて乾杯を行います。参加人数分の本数、瓶ビールがあれば人数分のコップにビールを注いだ後、瓶には半分以上のビールが残っている状態となります。

 

 

乾杯後、ビールを参加者同士でお互いに注ぎますので、その時に瓶ビールにビールがあまり残ってないと、コップに注ぐ事が出来ませんので、最低でも参加者分の瓶ビールの本数はテーブルに並べておくことをおすすめします。

 

 

懇親会、親睦を深めることも重要な目的ですのでビールを注ぎながら会話が弾んでいく為にもイメージしているよりも少し多めの本数を用意しておくことがコツです。

懇親会で使用するビールの本数の決め方、缶ビールの場合

缶ビールを使う場合、用意する本数の目安は参加人数の1.5倍程度を目安とする事をおすすめします。

 

 

缶ビールでの乾杯、まず1人1本の缶ビールを手にします。缶ビールは瓶ビールと違い、コップに注ぐ必要がありませんので1本で足らない人は用意している予備の缶ビールを飲む事になります。

 

 

瓶ビールを使う場合でも缶ビールを使う場合でも2杯目(2本目)以降はビール以外のハイボールやチ缶チューハイを選ぶ事人もいます。

 

 

懇親会の開催中の飲み物、ビールだけを選ぶ人と乾杯の後はビール以外の飲み物を選ぶ人に分かれます。

缶ビールを懇親会で使う時には懇親会の開催中、ビールだけを飲まれる方が最後までビールを飲めるような本数の用意をする事が必要です。

 

 

その時、缶ビールを用意する本数の目安は参加人数の1.5倍程度の本数を用意すると適量になります

*参加者が100名なら缶ビール150本程度が目安

ビール以外の飲み物の本数の決め方は懇親会の内容によってそれぞれ

懇親会の内容、参加者によって商品の内容は色々なパターンがあります。

 

 

瓶ビール・缶ビールの本数をまず決め、その後他の酒類や飲料の種類・本数を決めていきます。

ビール以外にはハイボール・缶チューハイなどをまず参加人数分程度の本数を選び、参加者が若い世代や女性が多い場合には缶チューハイの種類を多くし、本数も多めに用意するとバランスよく商品をセレクトすることができます。

 

 

ソフトドリンクはウーロン茶などのお茶系を多めに選び、コーラやオレンジジュースなどは種類を多めに適量を選ぶと全体にバランスよく懇親会用の酒類・飲料を用意することが出来ます。

 

 

商品選びに困れらましたらセット商品を選ばれると商品を選ぶ手間が省けますので弊社・イベントデリバリーサービスでは参加人数別に各セット商品もご用意しています。

懇親会のビールの本数の決め方のお困りならまずはご相談下さい

懇親会用のお飲み物の準備をお考えなら、それぞれのご要望をお聞きし対応させて頂きますので大阪市内(北区エリア・梅田)尼崎市で懇親会のビ―ル・お酒・飲料の宅配・配達をお探しならまずはお気軽にお問合わせ下さい。

 

参加人数・ご予算をお伝え頂きますとお見積りをご用意させて頂きます。

 

お電話はこちらから

イベントデリバリーサービス

電話:050-3574-3399

大阪市内の宅配エリア、酒類・飲料、お買上げ金額20.000円より宅配代金無料でお届けします。

宅配エリアのご案内はこちらからご覧頂けます。

 

 

 イベント・懇親会への宅配のご依頼はこちらから

懇親会へのビール・飲料の宅配はこちら

 

:::::::::::::::::::::::::

 

宅配、週末を中心に混み合っていますのでお届けする事が出来ない場合もあります。

 

各イベントへのビール・飲料の宅配のご要望がございましたらお早めにご注文・お問合わせをお願いします。

スマホからはクリックで電話OK

宅配業務中・受付時間外は

留守番電話での対応となります

メモ: * は入力必須項目です